初日本でもマジック!

shadow
(記事)

カーソン・ユル
Translation: Taku Kaneta

カナダのヴィクトリア州、ブリティッシュコロンビアは今日も眩しい良い天気だった。朝起きて、朝食を食べて、 荷物を持って家族に別れを告げて、僕は一歩を踏み出した。全て予定通りってわけではないけど、心配はしてない。航空券は持ってるし、 24時間後には東京だ。

2012年の9月、僕は大学で一般化学科に通い始めた。医者か教授になりたかったもので、 医者や教授に必要そうなものを履修することにしたんだ。化学、生化学、生物学、数学とどれも好きで、専攻もまだ決めていなかった。 そうこうしているうちに、選択科目を取る必要があるのに気付いて、友達が取っていた日本語を、やってみてもいいかと思って取ることにした。 初日に先生が、お辞儀の仕方と「初めまして、よろしくお願いします」と言う挨拶を教えた後、何故日本語の勉強を始めるのか聞き始めた。 クラスの大半がアニメやマンガ、それにゲームと答える中、僕は答えられなかった。それで結局「やりごたえがありそうだったから」なんて答えた。 でもその時はまだ、日本語がどのくらい難しいかなんて分からなかった。

11か月後、日本語はまだ下手だったけど、日本にはとても興味があって、今日本への旅路についている。 先生が日本の伝統について十分教えてくれてるよう祈ろう。打たれる「出る杭」にはなりたくないもんな。そういう諺があるって聞いたからね。 溶け込めるとは思わないけど、努力はするさ。

面白いことに、マジックが本当に好きになったのもそう昔のことじゃないんだ。2011年の9月、高校3年生になった頃、身体を鍛えたくて、 体育会系の友達と時間を過ごすようになった。その友人はラグビー部のキャプテンで、運動のことを聴くなら彼だと思ったんだ。 一緒にジムに通うようになって、筋トレした後、同じ建物のプールに行ったもんだ。ある日泳いでる間に、金曜夜に遊びに行かないか聞いてみた。 そしたら彼が、「フライデー・ナイト・マジック」ってのに行くから空いてないって言うんだ。 ジョン・フィンケルのデート事件のすぐ後だったから、ゲームの名前は知っていた。 冗談っぽくオタク野郎って言ってその話題はそれっきりにしようと思ってたら、友人がいいからやってみろって意固地になって、 ある日ついに折れて僕は彼の家に遊びに行くことになった。友人と弟が座ってカードで遊んでいて、僕は彼の緑単を使わせてもらった。 すぐにハマったよ。

マジックをプレイし始めて程なく、プレイヤーが議論してる掲示板を見つけた。トーナメント志向のヘビープレイヤーが多くて (たとえば最近カリフォルニア州で優勝したミン・グエン、マジックオンラインの大スター、cjlack92ことコーリー・ラックとかね)、 新人に対する歓迎は手荒かったけど、どっぷり浸かるのに時間はかからなかったよ。何せマジックってのは難しいゲームだからね。

最初に作ったデッキは、鬼才Smi77yがマジックオンラインで作っていた黒単感染だった。身近なところでは中々強くて、 初めて出たフライデーナイトマジックで優勝できたくらいだったけれど、マジックオンラインに持ちこんだらボコボコにされてしまった。 しばらく感染で負け続けたけれど、ツキが偏ってるだけだって思ってたね。でも負けは止まらなくて、2011年の10月から年明けまで、 デイリーイベントで入賞できない日が続いた。2月に市であった大会には当時人気のあった青白人間のデッキを持ちこんだけど、 それもやっぱり上手くいかなかった。やる気がそがれてやめようかとも思ったけど、それでもプレイは続けていた。

長いことかけてようやく、ナヤでMOのデイリーイベントで4-0することができた。黒単が人気で、相性の悪いマッチを2回とも取れた。 その後もなんとか勝ち抜いて、ついに4-0できた。誇らしかったね。

去年の9月に大学に行くようになってから、新しい恋人もできてマジックはしばらくやめていた。それでも面白かったから、 たまにマジックオンラインでゲームはしてたけどね。新しい大学生活にも慣れなきゃいけなかったし、10月に破局するのも仕方なかったろう。 マジックは全くしていなかったけど、2月にマジックの大会には新進の初期型人間リアニメイトデッキを持ちこんだ。 あまりプレイテストしていなかったせいで、一日目のスタンダードは残念な結果に終わった。その日は友達のところに泊まって、 次の日は二人でミニマスター大会ってのに出てみた。2人が参加すると99人にもなるトーナメントで、 お互いを相手に戦うってことで2人入れてもらった。更に悪いことに、トーナメントはシングルエリミネーションだったんだ。 僕は友達に勝って、何とトーナメントで優勝してしまった。楽しいイベントだったので来年のが楽しみだよ。

日本へ行く


今これは飛行機の中で書いてます。9時間のフライトで今半分くらい。眠っていたかった。変に思うかもしれないけれど、 日本に行こうと決めたときはグランプリ北九州のことは知らなかった。3月に何となく8月に旅行して1か月くらい滞在したいなと思ったんだ。 2週間くらいたって、人に日本のGPに行くのかって聞かれたんだ。それは嬉しかったなあ。M14とドラゴンの迷路も出る前だったから、 デッキを決めるのに長い時間がかかった。でも一枚のカードで劇的に変わったんだ。


若き紅蓮術士が最初に公開されたとき、それはそれはわくわくした。昇天しそうだったりしたわけじゃないけど、 凄いカードだと思ったよ。





ゴブリンの電術師を見て以来、長いことスタンダードで火炙りを使おうとしていた、友人のコーリーとこいつの出会いは劇的だった。 長いこと彼が悩んでいたのは、2マナの採用に値するクリーチャーがたった1種類しかいないことだった。その問題が解消されたってこと。 コーリーは紙でマジックをしてなかったから、マジックオンラインでM14がリリースされるまで2週間などとても待てなかった。 というわけで基本セット2014がオンラインでリリースされたときには、既に今のリストにたどり着いていた。入念にテストしてみて、 強力だったよ。マジックオンラインのイベントで何回も入賞してる。





クリーチャー (12)

4 若き紅蓮術士
4 ゴブリンの電術師
4 ボーラスの占い師

インスタント・ソーサリー (26)

4 戦いの賛歌
4 捨て身の狂乱
4 信仰無き物あさり
4 未練ある魂
3 火炙り
3 炎の中の過去
2 魂の再鍛
2 見えざる糸

土地 (22)

4 硫黄の滝
4 蒸気孔
4 神聖なる泉
2 氷河の城砦
4 血の墓所
2 竜髑髏の山頂
2 断崖の避難所
2 聖なる鋳造所

シークレットテクは、ドラゴンの迷路ドラフトで14手目とかで取れるあのカード、そう、見えざる糸だ。でもこのデッキでは強い。

1ターン目何も動けなかったとしてもこんな具合で動けるってのをお見せしよう。

2ターン目:若き紅蓮術士

3ターン目:見えざる糸キャスト。土地を1枚アンタップして、ブロッカーを寝かせる(ブロッカーがいなければ何ともう1マナ増える!凄い!)。 糸を紅蓮術士に暗号して、浮いたマナからボーラスの占い師か捨て身の狂乱のどちらかを唱えれば、さらに盤面にクリーチャーが追加される。 紅蓮術士で殴って、見えざる糸を暗号で唱えて、1/1を追加して土地を2つアンタップする。

飛行機を降りてから日本でどうなるかはわからないけど、飛行機の雰囲気から感じたのはとても面白くなりそうだってこと。 僕の日本語も上達するだろう。練習ができるの今からわくわくするよ。さて、飛行機もそろそろ日本に着くころだ。 これからどうなるかはわからないけど、また投稿するよ。北九州で火炙りしようぜ!

カーソン・ユル
Translation: Taku Kaneta

(記事)